ホーム

東京オフィス 03-5534-8882

関西オフィス 078-200-5105

シース管グラウト充填探査器 衝撃弾性波スキャナー IES 衝撃弾性波機器レンタル

簡単な操作で、瞬時にコンクリート厚を測定可能!【最大測定厚1.8m】

ASTM C1383-4 準拠

電磁波レーダでは測定することができない深い壁厚が測定できます。操作性も従来の衝撃弾性波機器に比べ大幅に簡単になりました

回転式センサーとそれに連動したインパクターを使うことにより、約25mm間隔で壁厚を測定することができます。これに複数の測線の結果をあわせ、3D解析を行うことにより、シース管や空洞の位置およびシース管内部の状況を探査することができます。

特長

  • インパクターと回転式センサー(特許)をスキャナーに搭載(右写真)
  • 一体型スキャナーにより,高密度(約25mm間隔)測定を短時間で実施
  • シース管グラウト充填状況,コンクリート躯体厚,内部空隙,水平クラック,ジャンカ,剥離の位置を現場で3D表示
  • コンクリート厚さから内部空洞探査まで
  • 8cm〜1mの高深度測定能力
  • 厚さ測定精度は2%(キャリブレーション実施時)と高精度
  • ASTM C1383-4に準拠
シース管グラウト充填探査器 衝撃弾性波スキャナー IES

測定手順

1.準備/グリッド(測定点図)の設定
縦横の測定点数から、Freedom data PC上にグリッドを設定します。
2.測定
IESを測定面に押し当て、測定線に沿って約30cm/秒のスピードで動かし測定します。IESのセンサーで受波した信号は、Freedom data PCに送られます。
3.解析
Freedom data PCに送られたデータは、瞬時に周波数解析され、D=βV/2fの式からコンクリート厚さDが求められます。(β=形状定数(0.8(柱)〜0.96(床壁))、V=音速(初期設定音速:3,657m/秒)、f=ピーク周波数)
4.分析
各測線の結果から、FreedomPC上で3D、コンターマップを作成します。

仕様

製品名 衝撃弾性波スキャナIES(アイイーエス)
型式 IES
測定方式 衝撃弾性波法
探査対象物 コンクリートの厚み,空洞
測定間隔 2.74cm
測定厚さ範囲 8cm〜1m
測定精度 2%(キャリブレーション実施時),10%(キャリブレーション未実施時)
周波数フィルター ハイパス,ローパス,バンドパスフィルター

レンタル標準構成品

IES本体(スキャナー)×1、Freedom Data PC(ショルダーベルト付)×1、FDPC用充電器セット×1、エクステンションポール×1、7mケーブル×1、15mケーブル×1、ウエイト(重り)3kg×1、取扱説明書・資料、収納ケース×2、USB(ソフトウェア)×1、FDPC用シガーソケット用充電ケーブル×1